アルファベット入力モード

ソフトを起動した直後はアルファベット入力モードとなり、通常のアルファベットを入力できます。

■シュメール・アッカド語モードへの切り替え

アルファベット入力と楔形文字入力はCtrl+Spaceキーにて切り替えができます。

■利用できる機能

使える機能は以下のようになっています。

■現在実装されていない機能

現在のバージョンでは、通常のエディタが備えている幾つかの機能がありません。

トップへ